職員の力でオンライン配信 ~生涯学習課オンラインの取り組みはここからスタートした~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

職員の力でオンライン配信 ~生涯学習課オンラインの取り組みはここからスタートした~

葛飾区生涯学習課 公式note

新型コロナウイルス感染症拡大により、大人数かつ対面での講座やイベントが難しくなりました。人と人との接触を避けるため、全国の自治体では、オンラインの活用が盛んになっており、葛飾区でも、あらゆる部署でオンラインを活用した取り組みが行われています。

生涯学習課で今や当たり前になっているオンラインの活用は、筆者が担当した事業「ストリートダンス教室(現HIPHOP教室)」から始まりました。

筆者は、2020年4月から生涯学習課へ配属となりましが、コロナの影響で、思うように事業ができない日々が続いていました。このような中、区のある部署で企業が企画・運営する講座を「Zoom」を使って開催するのを知りました。

コロナでも学びを止めないために
区のある部署での取り組みから、Zoomを利用して事業を行うことを考え、筆者の担当している「ストリートダンス教室」で、コロナにより延期していた発表会をZoomで行うことにしました。職員の力だけでオンライン配信するのは、筆者が知る限り、庁内で初めての試みでした。なじみのないZoomについて、区民にどのように伝えればよいのか。上司、先輩職員からアドバイスをもらいながら、試行錯誤を重ねました。

4人

そして、本番
参加者が練習の成果をオンライン越しに視聴者へ披露することができました。オンライン配信は、初めてのことでいろいろな失敗もありましたが参加者の笑顔を見ることができ、オンライン配信の手応えを感じました。

機材確認

きっかけは「ストリートダンス教室(現HIPHOP教室)」から
今回の取り組みを契機に、職員でも出来るという自信になり、オンライン化を進める第一歩となりました。そして今では、生涯学習課で多くあるオンライン講座の開催などにつながっています。

ゼロからのスタートだったため、困難なことも多くありましたが、この経験は、筆者の中で今まで一番印象に残る出来事で、仕事への意欲にもなっています。
皆様もオンライン講座に参加していただけると嬉しく思います。 

★文部科学省発行の「教育委員会月報令和4年2月号 地方発!我が教育委員会の取組」で、葛飾区生涯学習課のオンラインの取り組みが紹介されています。次のリンクからご覧ください。

オンライン生涯学習の推進~ICTを活用した学びの仕組み作り~




この記事が参加している募集

私の仕事

振り返りnote

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!よろしかったらシェアもお願いします!
葛飾区生涯学習課 公式note
出会った方々の熱意をお届けしたい。職員の熱い思いをもっと知っていただきたい。参加者を募集するだけでなく、講座当日を迎えるまでのワクワク感を、皆さんとシェアしたい。そんな思いからnoteを始めることにしました。