「そうさく教室」ってどんな教室?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「そうさく教室」ってどんな教室?

葛飾区生涯学習課 公式note

    今回は、生涯学習課が主催している事業の一つ、「そうさく教室」についてご紹介します。

 そうさく教室は、葛飾区内で活動するプロの芸術家の団体「アトリエかつび」の方々が講師となり、小学生を対象に工作や創作活動の楽しさを教える教室です。実は平成5年(1993年)からずっと開催しており、今年で29年目の開催になります!

 そうさく教室の目的は、工作や創作活動を通して、子どもたちの「創意工夫をする心」を育むことです。

    講師は工作道具の使い方や、作品の作り方の手順を教えますが、「作品のデザインをどのようなものにするか」は全て子どもが考えます。

 そのため、同じテーマでも子どもによって作品のデザインが大きく異なり、「自分だけのデザイン・自分だけのアイデアを形にする」という貴重な体験を得ることができます。

    新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた令和2年度以降も、子どもたちの「創意工夫をする心」を育む場を止めないために、検温・手指消毒などの徹底や、事前申込制を設けて人数制限を図るなどの対策を講じて、教室の開催を続けてきました。

 令和3年度も感染症対策を徹底した上で開催し、多くの子どもたちが参加して様々な作品が出来上がりました。出来上がった作品の例として、以下の3つがあります。

            ・オブジェ時計づくり

オブジェ時計


        ・イルミネーション・クリスマスツリー

クリスマスツリー


              ・七宝焼き

七宝焼き


 そして令和4年度も、そうさく教室は1年間を通して開催する予定です!

 また、夏休み期間には、保護者の方と一緒に工作をする「親子そうさく教室」や、未就学児の子どもを対象にした「幼児そうさく教室」も開催を予定しています!

 皆さんも、自分だけの作品作りをしませんか?

(文:渡邊)

この記事が参加している募集

最近の学び

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!よろしかったらフォローもお願いします!
葛飾区生涯学習課 公式note
出会った方々の熱意をお届けしたい。職員の熱い思いをもっと知っていただきたい。参加者を募集するだけでなく、講座当日を迎えるまでのワクワク感を、皆さんとシェアしたい。そんな思いからnoteを始めることにしました。