葛飾区生涯学習課 公式note

出会った方々の熱意をお届けしたい。職員の熱い思いをもっと知っていただきたい。参加者を募集するだけでなく、講座当日を迎えるまでのワクワク感を、皆さんとシェアしたい。そんな思いからnoteを始めることにしました。

葛飾区生涯学習課 公式note

出会った方々の熱意をお届けしたい。職員の熱い思いをもっと知っていただきたい。参加者を募集するだけでなく、講座当日を迎えるまでのワクワク感を、皆さんとシェアしたい。そんな思いからnoteを始めることにしました。

    リンク

    マガジン

    • 「かつしか区民大学」講座実施報告

      これまでに実施した講座を紹介しています。

    • 葛飾で出会った素敵な人

      葛飾区の良さを知っていただくため、”葛飾で出会った素敵な人”を紹介していきます。

    • ファインダー越しの”魅力的な場所” @葛飾区

      筆者独自のセレクトで、葛飾区の”魅力的な場所”を紹介しています。

    • 「子ども食育クッキング」の”動画”ができるまで

      紆余曲折を経て、やっとできあがった「子ども食育クッキング」の動画。 できあがるまでの数々のドラマをマガジンにしました。

    ウィジェット

    記事一覧

    でんぷんが固まる不思議 ―くずきりフルーツあんみつ―

    夏休みに親子向け講座として開催した「東京聖栄大学連携講座2022 調理の科学シリーズ ぷるぷる・とろとろ固まる不思議 ―夏のひんやりデザート―」では、東京聖栄大学の…

    ゼラチン・寒天が固まる不思議 ―ぷるぷる&つるりんミカンミルクゼリー―

    夏休みに親子向け講座として開催した「東京聖栄大学連携講座2022 調理の科学シリーズ ぷるぷる・とろとろ固まる不思議 ―夏のひんやりデザート―」では、東京聖栄大学の…

    ジュースが固まる不思議 ―キラキラゼリー2種とキャロットムース―

    夏休みに親子向け講座として開催した「東京聖栄大学連携講座2022 調理の科学シリーズ ぷるぷる・とろとろ固まる不思議 ―夏のひんやりデザート―」では、東京聖栄大学の…

    卵が固まる不思議 ―カスタードソースとメレンゲのデザート―

     8月2日・4日・5日・8日・9日に、「東京聖栄大学連携講座2022 調理の科学シリーズ ぷるぷる・とろとろ固まる不思議 ―夏のひんやりデザート―」を開催しました。  料…

    もっと知りたい!「和食」のこと

     かつしか区民大学オンライン講座「和食文化入門」(令和4年3月15日から令和4年3月30日までYouTubeにて限定公開)にご参加いただいた皆さん、誠にありがとうございました…

    星がよく見える、天体観測に適した季節とは?

    写真:宇宙から見た地球大気と月(写真提供:NASA) 天体観測はお天気が良いことが前提です。みなさんも星や月を観測する前には、天気予報や星空指数をチェックするのでは…

    かつしか区民大学講座で制作した“寄せ植え”が成長しています

    令和4年3月に実施した、かつしか区民大学講座「見てよし!食べてよし!寄せ植えに挑戦!!~農産高校に学ぶ~」では、参加者の方がご自身の寄せ植えの写真を送ってください…

    地域の力が集結! ~老若男女が集う「第41回 亀参まつり」~

     7月23日24日の2日間にわたり、亀有学び交流館で「亀参まつり」を開催しました。  亀参まつり」は、館の利用団体が主体となり、生涯学習課と共催で、まつりの運営や企…

    共栄大学春の公開講座「乳幼児期の音楽教育」「サクセスフルエイジング」

    学校法人共栄学園と共催で、かつしか区民大学「共栄大学春の公開講座」を6月25日(土)、7月9日(土)に開催しました。その様子をご紹介します! 6月25日「乳幼児期の…

    かつしか区民大学講座『今こそ話そう「装飾金めっきの開発物語」~葛飾中堅企業の底力~』

    去る7月23日(土)、かつしか区民大学講座『今こそ話そう「装飾金めっきの開発物語」~葛飾中堅企業の底力~』を亀有地区センターで開催いたしました。 本講座は葛飾区内の…

    かつしかの伝統工芸 手描友禅「友禅タペストリー教室」

    友禅染は、江戸時代の享保年間(1684~1687)に京都の絵師、宮崎友禅斉の創始と伝えられています。江戸で友禅染が盛んになるのは、文化・文政期(1804~1827)の頃。大名の…

    大規模水害から命を守るために~さぁ!備えよう 台風・洪水の前に~【区民運営委員会企画講座】

    令和4年5月22日(日)に、かつしか区民大学「大規模水害から命を守るために~さぁ!備えよう 台風・洪水の前に~」を東四つ木地区センターで開催しました。 この講座では…

    ご存知ですか? ウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」

    少し前の話になりますが、2022年4月5日発行号「広報かつしか」に掲載された青木葛飾区長と葛飾区在住演奏家のナターシャ・グジー氏の対談を覚えているでしょうか? ウクラ…

    「うんち」について科学的に真剣に考えてみる

    2022年6月18日(土)、東京聖栄大学と共催で、座学講座「医師による便秘症講座」を開催しました。その様子をご紹介します。 1「うんち」について科学的に真剣に考えてみ…

    葛飾元気野菜について、インタビューしてみた。#2

     葛飾区で作られている「葛飾元気野菜」。  葛飾で農業を営んでいる齊藤さんのインタビューで、新鮮でおいしい葛飾元気野菜のことがよくわかりましたね。  「葛飾元気野…

    葛飾元気野菜について、インタビューしてみた。#1

     葛飾区で作られている「葛飾元気野菜」。  「とれたて・イキイキ」のキャッチコピーどおり、新鮮なおいしさで区民の皆さまから愛されています。  「聞いたことがある」…

    でんぷんが固まる不思議 ―くずきりフルーツあんみつ―

    夏休みに親子向け講座として開催した「東京聖栄大学連携講座2022 調理の科学シリーズ ぷるぷる・とろとろ固まる不思議 ―夏のひんやりデザート―」では、東京聖栄大学の先生方が、小学生にもわかりやすく「調理の科学」について教えてくださいました。 今回は、第5回「でんぷんが固まる不思議」(8月9日)の講座の様子をご紹介します。講師は、東京聖栄大学 健康栄養学部 食品学科 准教授の福留奈美 先生です。 1.でんぷんって何だろう 全5回のぷるぷる・とろとろ固まる不思議もいよいよ最

    スキ
    8

    ゼラチン・寒天が固まる不思議 ―ぷるぷる&つるりんミカンミルクゼリー―

    夏休みに親子向け講座として開催した「東京聖栄大学連携講座2022 調理の科学シリーズ ぷるぷる・とろとろ固まる不思議 ―夏のひんやりデザート―」では、東京聖栄大学の先生方が、小学生にもわかりやすく「調理の科学」について教えてくださいました。 今回は、第4回「ゼラチン・寒天が固まる不思議」(8月8日)の講座の様子をご紹介します。講師は、東京聖栄大学 健康栄養学部 食品学科 准教授の熊谷美智世先生です。 1 ゼラチンと寒天を比べてみよう さて、第2・3回で教わった「ゲル化材

    スキ
    7

    ジュースが固まる不思議 ―キラキラゼリー2種とキャロットムース―

    夏休みに親子向け講座として開催した「東京聖栄大学連携講座2022 調理の科学シリーズ ぷるぷる・とろとろ固まる不思議 ―夏のひんやりデザート―」では、東京聖栄大学の先生方が、小学生にもわかりやすく「調理の科学」について教えてくださいました。 今回は、第2回・第3回「ジュースが固まる不思議」(8月4日・5日)の講座の様子をご紹介します。講師は、東京聖栄大学 健康栄養学部 食品学科 准教授の𠮷田 光一 先生です。 1 固まる不思議の正体は? 第1回と同様、初めに「ぷるぷる・

    スキ
    8

    卵が固まる不思議 ―カスタードソースとメレンゲのデザート―

     8月2日・4日・5日・8日・9日に、「東京聖栄大学連携講座2022 調理の科学シリーズ ぷるぷる・とろとろ固まる不思議 ―夏のひんやりデザート―」を開催しました。  料理の成功には、数字と証拠に基づいた「科学」が不可欠。今回の講座では、東京聖栄大学で食文化や調理学、調理科学などを教える先生方と一緒に、楽しく「調理の科学」を学びました。  今回は、第1回「卵が固まる不思議」(8月2日)の講座の様子をご紹介します。講師は、東京聖栄大学 健康栄養学部 食品学科 准教授の福留

    スキ
    11

    もっと知りたい!「和食」のこと

     かつしか区民大学オンライン講座「和食文化入門」(令和4年3月15日から令和4年3月30日までYouTubeにて限定公開)にご参加いただいた皆さん、誠にありがとうございました。  テイストワークショップやオンライン料理教室などを通して、和食について心ゆくまで学べましたね。  さて、今回は、受講生の皆さんから寄せられた質問に、講師の東京聖栄大学健康栄養学部准教授 福留 奈美 先生が答えてくださいました。  「和食について、まだ学び足りない!」という方、「そういえば、講座を聴いて

    スキ
    16

    星がよく見える、天体観測に適した季節とは?

    写真:宇宙から見た地球大気と月(写真提供:NASA) 天体観測はお天気が良いことが前提です。みなさんも星や月を観測する前には、天気予報や星空指数をチェックするのではないでしょうか。 それでは、天体観測に適した季節はいつでしょうか?春?夏?秋?冬? そんな素朴な疑問を、気象庁OBであり、葛飾区地域振興部 危機管理課の防災専門職員で、気象防災アドバイザーでもある矢野 良明(やの・よしあき)氏に投げかけてみました。 気象の観測データを紐解き、その答えを探ります。 葛飾区郷土と

    スキ
    8

    かつしか区民大学講座で制作した“寄せ植え”が成長しています

    令和4年3月に実施した、かつしか区民大学講座「見てよし!食べてよし!寄せ植えに挑戦!!~農産高校に学ぶ~」では、参加者の方がご自身の寄せ植えの写真を送ってくださいました。 今回は、その成長した姿をご紹介します! 立派に育っています前回も写真をお送りくださった“ちゃとら”さんの寄せ植えです。 3月の写真と比べると、違いは歴然ですね!大事に育てていらっしゃることが伝わってきます。 “ちゃとら”さんから「じょうろを買って、鉢が軽くなったら水をあげました。すごくよく育ちました

    スキ
    17

    地域の力が集結! ~老若男女が集う「第41回 亀参まつり」~

     7月23日24日の2日間にわたり、亀有学び交流館で「亀参まつり」を開催しました。  亀参まつり」は、館の利用団体が主体となり、生涯学習課と共催で、まつりの運営や企画を行っています。また、近隣学校の協力も得て、大人も子どもも楽しめるプログラムとなりました。    上千葉小学校ブラスバンド部の演奏で始まり、館の利用団体や近隣学校による展示や発表、体験教室、販売で賑わいました。 また、中・高・大学生がボランティアとして参加してくださり、学生の活気で、さらにまつりが盛り上がり、2

    スキ
    9

    共栄大学春の公開講座「乳幼児期の音楽教育」「サクセスフルエイジング」

    学校法人共栄学園と共催で、かつしか区民大学「共栄大学春の公開講座」を6月25日(土)、7月9日(土)に開催しました。その様子をご紹介します! 6月25日「乳幼児期の音楽教育について考える~子どもと一緒に音や楽器で遊ぶためのヒント~」 「音楽教育」というと、私たちは歌ったり楽器を演奏したりすることを思い浮かべると思いますが、子どもは大人が気が付かないようないろいろな音を探し、見つけ、この世界には様々な音の可能性があることを教えてくれるそうです。 身近な環境を探索するこうした

    スキ
    18

    かつしか区民大学講座『今こそ話そう「装飾金めっきの開発物語」~葛飾中堅企業の底力~』

    去る7月23日(土)、かつしか区民大学講座『今こそ話そう「装飾金めっきの開発物語」~葛飾中堅企業の底力~』を亀有地区センターで開催いたしました。 本講座は葛飾区内の企業への関心や理解を深めてもらうことを目的として、開発型の優れためっき企業である株式会社ヒキフネの役員の方から業界トップとして発展し続けてきた経緯やめっき加工技術についての講演をしていただきました。 また、今回は講演だけではなく、実際のめっき製品の展示やめっきの実験体験なども盛り込まれていましたので、その内容もご紹

    スキ
    13

    かつしかの伝統工芸 手描友禅「友禅タペストリー教室」

    友禅染は、江戸時代の享保年間(1684~1687)に京都の絵師、宮崎友禅斉の創始と伝えられています。江戸で友禅染が盛んになるのは、文化・文政期(1804~1827)の頃。大名のお抱え絵師等が、多く移り住み、各種の技法が継承されました。 東京手描友禅は、構想図案から、下絵、友禅挿し、仕上げまでの工程が作者の一貫作業であり、落ち着いた色彩とシンプルで繊細な柄に特徴があります。(葛飾区伝統産業職人会HPより) 葛飾区伝統産業職人会のHPは下記URLからアクセスできます。 http

    スキ
    13

    大規模水害から命を守るために~さぁ!備えよう 台風・洪水の前に~【区民運営委員会企画講座】

    令和4年5月22日(日)に、かつしか区民大学「大規模水害から命を守るために~さぁ!備えよう 台風・洪水の前に~」を東四つ木地区センターで開催しました。 この講座では、災害への対応の基本である「自分と家族の命は自分で守る」という自助意識の向上を目的とし、葛飾区水害ハザードマップの解説と、”マイ・タイムライン”の作り方を教えていただきましたので、その様子をご紹介します。 なお、この講座は”かつしか区民大学区民運営委員会”の企画・運営で実施しました。 →かつしか区民大学区民運営委

    スキ
    29

    ご存知ですか? ウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」

    少し前の話になりますが、2022年4月5日発行号「広報かつしか」に掲載された青木葛飾区長と葛飾区在住演奏家のナターシャ・グジー氏の対談を覚えているでしょうか? ウクライナへの軍事侵攻は今もなお続いており、連日、痛ましいニュースが報道されています。 こんなことは一刻も早く終わることを私も願ってます。 対談の締めくくりで区長が「コンサートを開いて多くの人にウクライナのことを知ってもらい、世界平和に向けて、協力していけたらと思います。」と話していたとおりこの度、シンフォニーヒルズ

    スキ
    24

    「うんち」について科学的に真剣に考えてみる

    2022年6月18日(土)、東京聖栄大学と共催で、座学講座「医師による便秘症講座」を開催しました。その様子をご紹介します。 1「うんち」について科学的に真剣に考えてみる2010年以降、それまで停滞していた慢性便秘の薬物療法に大きな進歩があったとのこと。一方、薬物療法の前提となる治療の基本として、生活習慣の改善は依然として重要だそうです。"「うんち」について科学的に真剣に考えてみる"と題した本講座を、35名の方が受講されました。 講師は、医学博士であり、医師の正田良介先生(

    スキ
    24

    葛飾元気野菜について、インタビューしてみた。#2

     葛飾区で作られている「葛飾元気野菜」。  葛飾で農業を営んでいる齊藤さんのインタビューで、新鮮でおいしい葛飾元気野菜のことがよくわかりましたね。  「葛飾元気野菜を食べてみたくなってきた。でも、どこで売っているんだろう」……と、さらに興味がわいてきたのではないでしょうか?  そこで続いては、葛飾元気野菜直売所の藤林智也さんにもお話を伺いました。前回に引き続き、インタビュアーは東京聖栄大学 健康栄養学部 食品学科 准教授の福留奈美先生です。 いちど食べたら、もうほかの野菜は

    スキ
    22

    葛飾元気野菜について、インタビューしてみた。#1

     葛飾区で作られている「葛飾元気野菜」。  「とれたて・イキイキ」のキャッチコピーどおり、新鮮なおいしさで区民の皆さまから愛されています。  「聞いたことがある」という方、「食べたことがある!」なんて方も、きっとたくさんいらっしゃるはず。  でも、「葛飾元気野菜はどんなふうに作られているんだろう?」ということまでは、ご存じでない方も多いのではないでしょうか。  そこで、葛飾元気野菜の謎を解くため、葛飾で30年以上農業を営んでいる齊藤國松さん(JA 東京スマイル葛飾直売部会 会

    スキ
    24