葛飾区生涯学習課 公式note

出会った方々の熱意をお届けしたい。職員の熱い思いをもっと知っていただきたい。参加者を募…

葛飾区生涯学習課 公式note

出会った方々の熱意をお届けしたい。職員の熱い思いをもっと知っていただきたい。参加者を募集するだけでなく、講座当日を迎えるまでのワクワク感を、皆さんとシェアしたい。そんな思いからnoteを始めることにしました。

リンク

マガジン

ウィジェット

遊びのパートナー講座

子どもと響きあい、関わりあえる遊びのパートナーをめざします。

すべて見る

遊びのパートナー講座「まちであそぶ ―心の体力をつけよう―」

 葛飾区内で活動する団体「あそぼ★かつしか」との共催で、遊びのパートナー講座(全3回)を開催しました。その様子をご紹介します。 1 ワークショップ  初日は遊びのパートナー講座参加者の大人たちで、いろいろなミニゲームをしました。ペアを作って互いの「違うところ」を探してみたり、指定された単語を、グループで協力して全身を使って表現したり…。  童心に帰ってあそびを実践し、次回の「忍者修行」の準備はバッチリです。 2 忍者修行  忍者修行当日。朝は雨が降っていましたがだんだ

スキ
11

亀有のまちで「忍者修行」!

葛飾区内で活動する団体「あそぼ★かつしか」と共催で、「遊びのパートナー講座」(全2回)を実施しました。その様子をご紹介します。 1 子どもと大人の遊び合い「忍者修行」2021年11月14日は、爽やかな秋晴れの日曜日でした。まさに忍者修行にうってつけの日! 「遊びのパートナー講座」初日、講師の北島尚志(きたじまたかし)さんのもとに集合した大人は、スタッフを含めて21人。まずはミニゲームで緊張をほぐします。あちこちで笑い声が響き、いつの間にか参加者同士に親近感や連帯感が生まれ

スキ
23

遊びのパートナー講座「子どもと大人の遊び合い 面白がる心を呼び覚ます」

「遊び」と聞いて読者の皆様は何を思い浮かべますか? トランプ、野球、サッカー、テレビゲーム?色々な遊びがあるかもしれませんが、今回の講座ではもっと幅広く、型にはまらずに、実際に参加者として体験しながら「あそび」と、「あそび」を通しての子どもと大人のかかわり合いを考えていきました。 本講座は、葛飾区内で活動する団体「あそぼ★かつしか」との共催で、全3回にわたって開催しました。 10月9日 響関者としてのかかわりを学ぼう第1回の講座は大人の参加者のみで、子どもとのかかわり合いに

スキ
18

「かつしか区民大学」講座実施報告

これまでに実施した講座を紹介しています。

すべて見る

遊びのパートナー講座「まちであそぶ ―心の体力をつけよう―」

 葛飾区内で活動する団体「あそぼ★かつしか」との共催で、遊びのパートナー講座(全3回)を開催しました。その様子をご紹介します。 1 ワークショップ  初日は遊びのパートナー講座参加者の大人たちで、いろいろなミニゲームをしました。ペアを作って互いの「違うところ」を探してみたり、指定された単語を、グループで協力して全身を使って表現したり…。  童心に帰ってあそびを実践し、次回の「忍者修行」の準備はバッチリです。 2 忍者修行  忍者修行当日。朝は雨が降っていましたがだんだ

スキ
11

かつしかの伝統工芸「江戸べっ甲 アクセサリー教室」

11月1日~11月15日にかけて、毎週水曜日に3回連続で、かつしかの伝統工芸「江戸べっ甲 アクセサリー教室」を開催いたしました。 本講座は葛飾区認定伝統工芸士の方から、葛飾区の伝統産業を学び、体験を通してその魅力に触れていただく講座となっております。 1回にひとつの作品を完成させ、全3回で3種類のアクセサリーが出来上がりました。 本記事では、そんな講座の様子をご紹介いたします。 第1回 11月1日今回の講座では、葛飾区認定伝統工芸士の山川金作先生に講師を務めていただきました

スキ
12

葛飾の噺家 三遊亭吉馬・仁馬の「笑って学ぶ落語の魅力」実施報告

去る10月21日(土)に、かつしか区民大学『葛飾の噺家 三遊亭吉馬・仁馬の「笑って学ぶ落語の魅力」』を開催いたしました。 タイトルのとおり、葛飾出身の落語家のお二人を講師にお招きして、楽しみながら落語の奥深さを学び、味わいました。 なお、本講座は「かつしか区民大学区民運営委員会」の企画・運営で実施しました。 落語の歴史今回の講座は前半に落語の歴史についての講義を行い、後半に実際の落語を楽しみました。 講師をお務めいただいたのは、葛飾区出身の若手落語家の三遊亭吉馬さん、三遊亭

スキ
15

一人で作る!家庭で出来るかぼちゃレシピ

東京聖栄大学附属調理師専門学校と共催で、調理実習講座「一人で作る!家庭で出来るかぼちゃレシピ」を12月2日(土)に開催いたしました。今回は、その様子をご紹介します。 講師によるデモンストレーション今回の講座は、前半は講師によるデモンストレーション、後半が調理実習という構成で実施しました。 まずは、東京聖栄大学附属調理師専門学校の教員である野口 栄 先生より、後半の調理実習で作る「かぼちゃまんじゅう揚げ出汁」「かぼちゃ茶巾包み」の2品と、「かぼちゃのブリュレ」の作り方を教わり

スキ
12

かつしか伝統工芸講座

葛飾に伝わる伝統工芸を体験します。

すべて見る

かつしかの伝統工芸「江戸べっ甲 アクセサリー教室」

11月1日~11月15日にかけて、毎週水曜日に3回連続で、かつしかの伝統工芸「江戸べっ甲 アクセサリー教室」を開催いたしました。 本講座は葛飾区認定伝統工芸士の方から、葛飾区の伝統産業を学び、体験を通してその魅力に触れていただく講座となっております。 1回にひとつの作品を完成させ、全3回で3種類のアクセサリーが出来上がりました。 本記事では、そんな講座の様子をご紹介いたします。 第1回 11月1日今回の講座では、葛飾区認定伝統工芸士の山川金作先生に講師を務めていただきました

スキ
12

かつしかの伝統工芸 手描友禅「友禅タペストリー教室」

友禅染は、江戸時代の享保年間(1684~1687)に京都の絵師、宮崎友禅斉の創始と伝えられています。江戸で友禅染が盛んになるのは、文化・文政期(1804~1827)の頃。大名のお抱え絵師等が、多く移り住み、各種の技法が継承されました。 東京手描友禅は、構想図案から、下絵、友禅挿し、仕上げまでの工程が作者の一貫作業であり、落ち着いた色彩とシンプルで繊細な柄に特徴があります。(葛飾区伝統産業職人会HPより) 葛飾区伝統産業職人会のHPは下記URLからアクセスできます。 http

スキ
19

かつしかの伝統工芸「手描友禅 オリジナルシャツづくり」

6月7日~6月21日にかけて、毎週水曜日に3回連続で、かつしかの伝統工芸「手書き友禅 オリジナルシャツづくり」を開催いたしました。 本講座は葛飾区認定伝統工芸士の方から、葛飾区の伝統産業を学び、体験を通して、その魅力に触れていただくために実施しております。 今回も全3回の工程で素晴らしい作品がたくさん生まれました。 本記事では、そんな講座の様子をご紹介いたします。 第1回 6月7日今回の講座の講師をお務めいただいたのは、葛飾区認定伝統工芸士の兵藤修先生です。兵藤先生は東京手

スキ
25

区民運営委員会企画講座

公募により決定した区民運営委員が区民大学の講座の企画や運営を行っています。

すべて見る

葛飾の噺家 三遊亭吉馬・仁馬の「笑って学ぶ落語の魅力」実施報告

去る10月21日(土)に、かつしか区民大学『葛飾の噺家 三遊亭吉馬・仁馬の「笑って学ぶ落語の魅力」』を開催いたしました。 タイトルのとおり、葛飾出身の落語家のお二人を講師にお招きして、楽しみながら落語の奥深さを学び、味わいました。 なお、本講座は「かつしか区民大学区民運営委員会」の企画・運営で実施しました。 落語の歴史今回の講座は前半に落語の歴史についての講義を行い、後半に実際の落語を楽しみました。 講師をお務めいただいたのは、葛飾区出身の若手落語家の三遊亭吉馬さん、三遊亭

スキ
15

見てよし!食べてよし!寄せ植えに挑戦!!【区民運営委員会企画講座】

1つの鉢に数種類の苗を植えこむ“寄せ植え”は、狭いスペースでも楽しむことができ、また、苗の組み合わせ方を工夫して、美しく仕上げることができる点が魅力的なガーデニング手法です。 見て楽しい”寄せ植え”ですが、さらに食べることもできればもっと素敵だと思いませんか? 今回の講座では、野菜を使った寄せ植えの作り方を教えていただきましたので、その様子をご紹介します。 なお、この講座は“かつしか区民大学区民運営委員会”の企画・運営で実施しました。 →かつしか区民大学区民運営委員会とは

スキ
30

チョークアートでお部屋を教室を、そして町を輝かせよう!【区民運営委員会企画講座】

“チョークアート”はチョークやオイルパステルを使って、黒板やガラス窓などに描くアート作品のこと。店頭のメニューボードや看板にもよく使われていて、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 そんな“チョークアート”を取り上げた講座を開催しましたので、その内容と様子をご紹介します。なお、この講座は“かつしか区民大学区民運営委員会”の企画講座です。 →かつしか区民大学区民運営委員会とは? かつしか区民大学「チョークアートでお部屋を教室を、そして町を輝かせよう!」 令

スキ
36

大規模水害から命を守るために~さぁ!備えよう 台風・洪水の前に~【区民運営委員会企画講座】

令和4年5月22日(日)に、かつしか区民大学「大規模水害から命を守るために~さぁ!備えよう 台風・洪水の前に~」を東四つ木地区センターで開催しました。 この講座では、災害への対応の基本である「自分と家族の命は自分で守る」という自助意識の向上を目的とし、葛飾区水害ハザードマップの解説と、”マイ・タイムライン”の作り方を教えていただきましたので、その様子をご紹介します。 なお、この講座は”かつしか区民大学区民運営委員会”の企画・運営で実施しました。 →かつしか区民大学区民運営委

スキ
34

東京聖栄大学公開講座

東京聖栄大学と連携して講座を実施しています。

すべて見る

一人で作る!家庭で出来るかぼちゃレシピ

東京聖栄大学附属調理師専門学校と共催で、調理実習講座「一人で作る!家庭で出来るかぼちゃレシピ」を12月2日(土)に開催いたしました。今回は、その様子をご紹介します。 講師によるデモンストレーション今回の講座は、前半は講師によるデモンストレーション、後半が調理実習という構成で実施しました。 まずは、東京聖栄大学附属調理師専門学校の教員である野口 栄 先生より、後半の調理実習で作る「かぼちゃまんじゅう揚げ出汁」「かぼちゃ茶巾包み」の2品と、「かぼちゃのブリュレ」の作り方を教わり

スキ
12

つまもので美味しさを倍にする日本人の知恵

 2023年9月30日(土)、東京聖栄大学と共催で、つまもの野菜学講座「つまもので美味しさを倍にする日本人の知恵」を開催しました。その様子をご紹介します。 1 つまものについて、プロのお話を聞いてみましょう!  今回の講師は、株式会社芋松 取締役であり、東京聖栄大学特別講師の伊藤芳光先生です。豊洲市場の仲卸としてつまものを扱うプロの視点から、つまものについてお話をしていただきました。  豊洲市場といえば水産物というイメージがありますが、青果の取引量も大田市場に次いで全国

スキ
22

シニア向け生活習慣病対策 食事工夫のススメ

 2023年6月10日(土)、東京聖栄大学と共催で、座学講座「健康栄養講座」を開催しました。その様子をご紹介します。 1 食事の視点から考える生活習慣病対策 生活習慣病とは、「健康とは言えない生活習慣」が関係している病気のこと。生活スタイルが大きく変わるシニア世代の方にとって、生活習慣病対策について食事の視点から見直しをすることはとても大切です。  今回の講師は、国立病院の管理栄養士として、長年栄養指導に携わってこられた高橋美惠子先生(東京聖栄大学健康栄養学部管理栄養学科

スキ
21

魚の上手なさばき方を教えます

2021年12月11日(土)、東京聖栄大学と共催で、デモンストレーション座学講座「魚の上手なさばき方を教えます」を開催しました。その様子をご紹介します。 1 魚の上手なさばき方を教えます本講座では、食卓でもおなじみの鯵(アジ)を使って、魚の上手なさばき方のポイントをプロの視点から伝授していただきました。 講師は、専門調理師・製菓衛生師で日本料理担当、東京聖栄大学附属調理師専門学校教員の野口栄先生です。先生の凛とした佇まいで、会場はまるで高級割烹のような雰囲気に。 それで

スキ
19